日本育ちの5歳双子の日常を台湾より綴ってます ローカル幼稚園に通う双子の日々

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
体調不良からやっと抜け出した。
冬休みで幼稚園が始まらない2人に、振り回される日々。
4歳半、昼寝しなくても夜までもつようになった。
1日2人に付き合う私が夜までもたなくなったので、幼稚園通り昼寝は必須。

すでに2月、台湾はぽかぽか陽気で過ごしやすい。
月始めに子供に季節の行事の本を読んでいる。
その本に2月(如月)は古くは“衣更着”と書いて、寒くなり
着るものをさらに増やす月、の意と書かれていた。
最近の台湾は暖かくて、冬物しまってもいいんじゃないのってぐらい。
日本の2月とのギャップが受け入れられず。

近所の畑にモンシロチョウは飛んでるし、菜の花も市場で売り出した。
やっぱり春が来ているんだろうな。
暑さへの序幕のようで怖い。

1日遅れで節分行事。
時間のたっぷりある子供達、鬼のお面に色塗り。
恵方巻きを作って、子供達にママってすごいと褒められる。
伝統的な太巻きは準備ができそうにないので、サラダ巻きに。
具材は、きゅうり、レタス、スプラウト、ツナ、たまご焼き、カニカマ、ごま。
たまご焼きじゃなくて、卵に台湾バジル入れて焼いた薄焼き卵を一緒に巻いても美味しいかも。

鬼になると意気込んでいた1号、鬼なると豆のつまみ食いがしにくいと分かると、鬼役拒否。
2人そろって鬼役の父母に豆を思いっきり投げつけてきた。
ソファーの上から投げていたので、2人して興奮してソフォーから落ちた。
2人して大泣きしていたけど、しっかり豆は食べていたようだ。

ランキングに参加中 応援ポチよろしく!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
スポンサーサイト
3週間ぐらい前だったと思うけど、同じマンション階下の住人に出会った。
顔を合わせば挨拶する程度、昼過ぎ小学生の娘さんのをお迎えに行った様子。
見たところ2~3年生ぐらいなのに昼過ぎに下校。
不思議に思った私は、こんなに早く下校なの?と伺ってみた。

台湾の小学校低学年のうちは午前中だけで下校だと。
火曜日だけは4時までで、他は半日。
学年が上がるにつれて時間数も増えるという説明をしてくれた。
午前中でげこ~うげこ~うげこ~うと頭の中で響きショック。
幼稚園が4時まであるのに、なんで低学年が午前中なのよ~
階下の奥さん他もいろいろ教えてくれたけど記憶に残らず。

共働きの多い台湾の家庭、下校後の子供達はだれが面倒をみるのか。
1.祖父母や親戚という主に家族関係
2.有料学童保育にあたる、安心班という塾

2の安心班は勉強のフォローアップや宿題も見てくれるらしい。
子供達が小学生になった時に、仕事の有無にかかわらず安心班行きだわ。
すでに子供達が幼稚園から持ち帰る宿題に、母がアップアップしているし、
下校後の友達同士の関係は家庭では築けないと思う。
幼稚園4時までなのに、いまさらいまさらお昼過ぎに戻ってランチなんて考えられない。

台湾の近所の子供を見ていると、子供同士で外で遊んでいる子は少ない。
うちの自宅近くでいえば、気軽に行ける公園は少ないし。
日本の比でないくらいに、子供で体格の良い太めの子が多い。
台湾では体育の授業は軽視されているとも聞く、動くという時間が極端に少ない感じ。

そして義理弟の奥さんから教えてもらった。
子供達が通う予定の小学校、給食がな~い(涙)
台湾の学校事情が分からないので、全校には当てはまらないと思うが。

学校で外注の弁当を頼むか、自宅からお弁当持参、朝持参したお弁当は学校で温められる。
またランチタイムに校門の処へ家族が持参し児童が取りに来ることも出来る。
子供達を幼稚園に迎えに行く時間、小学生(たぶん高学年)の下校時間に当たるが、
多くの子供が子袋に、カタカタ音させていたのは弁当箱なのだと最近気づく。
料理が苦手な私にとって弁当作りは大変だな、ある意味試練。

日本はゆとり教育と聞くが、台湾での教育方針が全く定まらず。
この数週間、頭の中をいろんな考えがグルグルとしていた。
とりあえず決めたこと、週末は親子で体をできる限り動かそうということ。


ランキングに参加中 応援ポチよろしく!双子育児サイト・ブログランキング にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ FC2ブログランキング



夫くん1週間前より出張中で今週半ば戻ってくる。
日本にいた時から出張がちだったのである意味慣れっ子。
子供達も電話に出る度に、パパ早く帰ってきてね~と。

子供達、台湾のローカル託児所に通いだして50日。
朝の嫌々モードはほぼ無くなったけど、園内に入り母と別れる時に、
2号はママチューして、ママ握手して、ギュッとしてと儀式をすると
別れられる様になった。
2人揃って私に、幼稚園で寝たくないのは知ってる?と気持ちを伝えて同意を求めてくる。。ランキングに参加中 続きを読む前に応援ポチお願いします

双子育児サイト・ブログランキング にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ FC2ブログランキング

[伝えたい気持ち]の続きを読む
2人の会話に昨日から、中国語が混ざった。

2号、1号に対して、對不起(ごめんね)は?と。
1号に對不起(ごめんね)をしっかり言わせてた。
で、2号はしっかり中国語で没関係(だいじょーぶ)と答える。

中国語を使って嬉しいはずなのに、複雑な気持ち。
パパの言葉、ママの言葉、というのはなんとなく分かる2人。
パパの本、ママの本と分けて読んでと持ってくるので、やっぱりわかるらしい。

ママは日本(人)だし、パパは台湾(人)だよと話しかけている。
1号2号は、日本と台湾ふたつあるからかっこいいね、すごいねと話すと嬉しそう。
1号は概念は分からないのに、自分の由来が気になるらしい。
○ちゃんは、にほんじん、たいわんじんと言って喜んでいる。

先日参加した、国際結婚に関するシンポジウム。
子供の言葉がどうなっていくのかが気になって行ってきた。
2人はどんなアイデンティティーに属して大きくなるんだろうとたまに考える。
そんなもやもやとした思いが、解消した意味のあるシンポジウムでした。
途中で眠気が襲ってきて、聞いていたことが断片的で、我家にとって必要なとこだけ。
忘れなれないように残しておこう。

・ハーフ(あえて使う、シンポジウムでは国際児だった)の子供は自然にはバイリンガルにはならない(我家で実践済み)
・二言語・二文化習得には、両親の意識的なたゆまない努力が必要(台湾語入れたら三言語)
・一親一言語が有効
・言語・文化継承に影響を及ぼす要因はとにかく、居住国の現地文化言葉が優位 
 また母親の影響が強い
 子供の言語、文化教育について親自身の考えが確固としていて明確であること
・学校の選択も重要 (家庭の経済状況も関係してくる)
・文化・言語・宗教など様々な違いを強調するあまりに両国の共通性を見落としがち
・文化や言葉やかなり流動的、居住地や他条件で変わってくる
・ハーフとしてのアイディンティー習得は自分自身でハーフ(我家の場合日台人)であると思えること

日台間なので外見的特長が大きく異なるわけじゃないし。
台湾で日本語教育も英語についで盛ん。
外で、日本語で話していても敵対視される環境じゃない。
歴史的なこともあるが、親日の方も多い台湾。
台北市内ほどではないけれど、きっとこの先日本語で話せる友達も台湾で出来ると思う。
双子だから話し相手は困らないわけで、日本語が途切れはしない環境。
台湾では日本語を伸ばせやすくて、きっと親が難しく考える必要は無くて、子供は自分のバックグラウンドを自然に受け入れるんではないかなと思った。

ずいぶんと前に買ったバイリンガル教育について我家の参考書。
数ページ読んでは眠くなるので、全然読み進まない。
でも、参考になります。
バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること バイリンガル教育の方法―12歳までに親と教師ができること
中島 和子 (2001/05)
アルク

この商品の詳細を見る


ランキングに参加してます 応援ポチ♪励みになります

双子育児サイト・ブログランキング にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ FC2ブログランキング



P1060531.jpg

バルーンアートにはまってます。
細長い風船使って犬やウサギを作ったりするものなんですが。

きっかけは、幼児サークルの母親向け講座でバルーンアートを教えてもらってから。
最初はキュキュってする音や割れたりするのが苦手でしたが、子供達は大喜び。
100均で風船を買ったり、サークル主催者の方に風船を分けてもらったりしてました。
なかなかこの風船、近所で売っていないのです。
100均のものはとても割れやすくて扱いにくい。

手持ちの風船が底をつき、思いきって先週問屋街まで買出しに行ってきました。
大人1人だし不安はあったものの、バギーなしでバス&電車で出向きました。
さっすが3歳、ビックリするぐらいに成長してくれています。
10時半過ぎに出て帰宅は3時、いつもならとっくにお昼寝している時間。
帰りのバスで1号が寝そうになったものの、2人とも愚図ることもなく。
あまりの成長ぶりに感動し、誕生日プレゼント&ご褒美などいろいろ買ってしまいました。
風船を通販で購入した方が安くついた様な・・・
でも、子供の成長も見れたし、これで遠出の自信もつきました。

図書館で作り方の本も数冊借りてきて、ただいま特訓中です。
いやぁ楽しい、久しぶりにはまっていて、家族が寝静まった後に夜なべしてます。
子供達は本を見てはこれ作ってと沢山リクエストしてくるので腕も上がるし。
とってもかさばるんだけど、2~3日で役目を終えてくれるので狭い我家にもうってつけ。
秋に台湾に1度行く予定なので、言葉の通じない(台湾語なので)甥っ子姪っ子のハートを鷲掴みできそう。

ランキングに参加してます 応援ポチ♪励みになります

双子育児サイト・ブログランキング⇒双子育児サイト・ブログランキング
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ⇒にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上
FC2ブログランキング⇒FC2ブログランキング




[ハマッテマス]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。