日本育ちの5歳双子の日常を台湾より綴ってます ローカル幼稚園に通う双子の日々

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冬休みの半分が過ぎた。
楽しく過ごしたいと思っていたけど、イライライラがとまらない。
冬休みにやりたいことを子供と結構書き出したけど、なかなか消化出来ずにいる。

インラインスケートキャンプも残り1日、とにかくとにかく楽しいそう。
靴をはきはじめて1か月ぐらい、ずいぶん上手になった。
冬休みの在宅期間を考慮して、始めたインラインスケート。
1号無駄に動く分だけよ~く食べて、小食の女性分は軽く食べている感じ。
5歳児のプチメタボ腹は現状維持のまま…底なし沼かって突っ込みたくなるほど食べる1号。

朝10時に出かけ、自宅に戻るのが午後1時近く。
それから2時ぐらいから昼寝をさせて、午後3時~遅くても3時半にはおこすサイクル。
スケートやって帰ってきても、遊んでなかなか寝付けない時もある。
体力ついたな~と感心する一方、イライラの最高潮に達する。

生活リズムを崩さないようになるべく早起きを心がけているのだけど、難しい。
明日は幼稚園と緊張感がないので、遅寝、遅起きで1時間サイクルがずれてきた。
新学期はダラダラしそう。
スポンサーサイト
久しぶりの更新です。

ブログ削除されているのでは?と内心ドキドキでした。
しばらくぶりに自分のブログへ来てみたものの、更新しないこと数カ月。

幼稚園生活も落ち着いて、平穏な毎日。

去年の9月より子供たちは年長になりました。
2号は元来の小さい子好きを発揮して、縦割りクラスで年中の子の面倒を見ているよう。
年長になったら、仲の良いお友達が変わった様子。
1号は年中の時と、先生に注意されている回数もあまり減ってはいないような。

ここ数カ月、子供たちの日本語はほとんど力を入れていません。
家庭での取り組みは、絵本を読んだりする程度。

1号、好奇心旺盛で落ち着きがないのだけど。
時間があれば、絵本を読んでいることも多いので、語彙もかなり増えたよう。

1号の言語能力には目を見張るものがあって、家庭での中国語の取り組みはあまりないのだけど。
絵本を読ませてみたらスラスラと読んでいた様子。
日本語の絵本を読みこなすことで、“読み”の訓練が中国語でも出来ていた。
1号は、中国語も日本語もよく伸びた年長の1学期でした。

2号は、この数カ月日本語にあまり力を入れていなかったので、亀の歩みの成長です。
自由な時間も、絵を描いたり、粘土で遊んだりしていることが多いので、自ら絵本を
読むというのはあまりしません。
それでも絵本を母に読んでもらうのは大好き。

中国語は私の発音を矯正するほど、かなり伸びたよう。
ママ下手だね~と言いながら、なおしてくれます。
ゆっくりではあるけれど、夫くんと一緒に絵本は読んでいる様子。
日本語は絵本をわりとまともなアクセントでゆっくり読めるようになりました。
カタカナ、拗音、長音等はまだまだです。

1/21から子供達は、1か月強のながい冬休みに突入しました。
日本へは帰らないので、暑くないのと、移動の不便差が解消されたので、自宅で子供たちをみることに。
在宅で仕事をしている夫くんの邪魔にならないように、午前中は自治体主催の
インラインスケートキャンプ15日間入れています。
たった一週間ちょっとで、結構滑れるようになりました。

久しぶりの子供とベッタリつきあう生活、キレること数回。
私も母として修行が足りないような、8:00-4:00で預かってくれてる幼稚園さまさまです。
はやくはやく幼稚園がはじまってくれますように!

今日は2週間後に控えた新年に向けて大掃除を。
子供がいたら全くはかどらなかった。

9月から2人は年長さんになりました。
8月生まれの2人は、日本ならば年中さん、台湾では年長さん。
あと1年で小学生とは違和感を覚ずにはいられない。
そして、8時~4時までの子供不在の時間があるのは年長さんの間だけ。
小学生になったら、火曜日以外は12時下校の家ランチとなり…言葉がありません。
この1年が私にとってもフリータイム。

年中年長2年の縦割りクラスなので、年長が新入生の面倒をみるのですが。
1号の場合、面倒を見たくて気持が先回りしているよう。
2号は小さい子の面倒をみるのが大好きなので、きっと率先して面倒を見ているはず。

幼稚園が始まってほぼ毎日、2号が幼稚園に行きたくないと朝ぐずってる。
ママといたい、ママとギュッとしてたいと、いつも1号に振り回されている2号、
甘えたい時に甘えられないのよね、1号が叱られていると2号も一緒に叱られちゃうし。

公立の幼稚園夏休みが2カ月あり困りました。
夫くんは在宅で仕事をしているので、子供を騒がすわけにもいかず。
1か月間は近所の託児所へ終日入れました。
そして1か月間は日本へ里帰り。

5月に幼稚園からもらって帰ってきた、川エビとおたまじゃくしをきっかけに虫好きに大変身。
幼稚園の帰りにセミの抜け殻を見つけるのが日課になり、セミ好きに。
夏休み前は、週末に山登りに行って、ちょうちょやセミ捕り、おたまじゃくしに燃えました。

そして、日本では、セミ捕り三昧の日々…
セミの声がするとセミ捕り行こうよ~と訴えてくる1号。
セミに対して興味もなかった2号まで巻き込んでの夏でした。
まだまだ暑さが続く台湾です。
ランキングに参加中 応援ポチよろしく!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
先々週末は子供の運動会。
公立小学校付属の幼稚園なので、小学校と合同で開催。
子供達の運動会、幼稚園部門に限っては、信じられないほど内容がない。
リレーとかお遊戯とか全くなし。
小学生はそれなりにやっていたけど、日本とは比べ物にならない。
小学生も運動会は午前中で終了。
台湾の運動会は拍子抜けとは聞いていたけど、あまりにも内容がなさすぎる。

7時半前に集合せよ!とのことだったので、子供達を叩き起して幼稚園に向かう。
幼稚園と小学生の入場行進時に、エプロンつけてコックさんに扮し片手に
100均で売っているような野菜とかフルーツを持って行進。IMGP2944 - コピー
↑これが子供参加のプログラムの1つ目。

小学生のダンスとか、吹奏楽部の演奏とかを挟むつつ、幼稚園生は教室に戻り
トイレ&水分補給休憩しつつ、小学生のダンスや獅子舞とか見学。

幼稚園の2つ目プログラム、球ころがし。
ボール自体も数年前に流行ったバランスボールを1クラスを男女別に分けて
親子で転がしただけ。
はい、幼稚園生の本日の運動会終了!10時20分には帰宅してたし。

欠席児童が1割以上いたので、運動会に欠席なんてけしから~んと
思っていたのだけど、終わってみて何となく納得。
きっと子供達の思い出に全く残らない運動会のような気がします。
幼稚園始めての運動会、期待をいろんな意味で裏切ってくれたから笑えた。

ランキングに参加中 応援ポチよろしく!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
久しぶりの更新です。
思うところがあって、未更新のままブログをやめてしまおうか考えていました。
日本にいる家族親戚や友人に、近況を報告する意味も兼ねてやっぱり続けます。
コメントいただいた皆さん、ほったらかしで本当にすみません。
mixiとブログをリンクさせていましたが、そちらは止めたのであしからず。
リンクさせてもらっているブログには時々遊びに行かせてもらってますが、読み逃げしておりごめんなさい。

さて、3月だけのつもりが、5月まで台湾語教室に通うことにしました。
午後三時間週三回の授業があり、自宅で仕事をしている夫くんの為にランチを作って、
子供の夕食の準備をして出かけ、自宅に戻るのが5時過ぎ、
子供達が寝付くまでは、時間との闘いです。

4月は子供の風邪がうつり3週間ぐらい不調が続いています。
それに4月からは料理教室も通い始めたので、週4回午後は外出し体力消耗してます。

宿題、日本語と中国語の勉強、食事、お風呂等々で子供が寝るまで戦争。
日本の働くママは本当に大変だと、姉や友人の苦労をちょっとだけ知れました。

絵本の読み聞かせをしないと子供達寝てくれないのだけど、
呼んでいる間に私が先に寝てしまったりと。
子供を産んで以来、定期的に外出したことも無かったし、
台湾在住とは言え、在台歴も短く、義両親とは同居でもないので、
慣れない言語を耳にするのは結構大変で、意外にどっと疲れています。

自宅は荒れ放題、義理父に子供のお迎をしてもらい
時に義実家で食事をさせて貰って、夫くんの渋々了承を得て行ってます。
簡単な単語は聞き取れるようになったかも、だけど買い物以外実践の場がない。

勉強してよかったとは思うのは、結婚当初はの台湾語アレルギーになっていた
そのアレルギーが解消されたこと。
台湾語になると、耳をふさいでいた状態が、耳を傾けられるようになったこと。

そして子供達は日本と台湾の二重国籍ではあるけれど、台湾で育っていくので
アイディンティーを育てるためにも、子供達は台湾語を話せるようになってほしいと
願わずにはいられません。
でもたぶん台湾語は、子供達は、ほとんど話せるようにはならないでしょう。
発音を普通の台湾人は表記できないし、それが出来ない言語は廃れていく気がします。
言葉は素晴らしいのに、次の世代に繋げないのは、本当に残念だし勿体ない。
台湾語に対するイメージが変わったのが、勉強しはじめて良かったことかもしれません。

ランキングに参加中 応援ポチよろしく!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。