日本育ちの5歳双子の日常を台湾より綴ってます ローカル幼稚園に通う双子の日々

2008/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
P1100285.jpg
今日は公立幼稚園の公開抽選日。
片親が外国人の子供が優先順位が上がる。
確か優先枠9人の中、優先枠申し込みが9人しかいなかったので無抽選で入園が決定。
一般申し込みは抽選となった。

子供の幼稚園に関しては、2人に合う幼稚園であれば何処でも良かった。
義母はなんとしてでも入れたかったようで、いろいろな所に根回しをしていた様だ。
神棚と言って分からないが、線香がいつも1本のところが、今朝はそれぞれ3本になっていた。
申し込み受付控えも神棚に置かれていた。
一番安心したのは、義母だったかもしれない。

6月から8月までは託児所、9月からは幼稚園。
考えればたくさん一緒に遊べる時間は今しかないのかも。
子供が手を離れる時間を夢見ていたのに、ちょっと寂しさもあるな。

スポンサーサイト
P1100265.jpg


台湾の従兄弟の自転車と、向かいのお宅の孫娘の自転車を借りて遊ぶ2人。

自転車は台湾へ帰ってからねと呪文のように唱えていた。

だけど、日本の公園で私1人で見る方がはるかに安全だったかも。

オートバイもビュンビュン通るし、飼い犬のようだけ放し飼いの中型犬もいるこの路地。

そして昇天したゴキちゃんや犬の落し物などなど結構ある。

好奇心旺盛の1号は路地裏探険家となっている。

向かいのおばちゃんや、近所の人たちは私達にあたたかい。

車やオートバイが来れば、子供達に注意を促してくれる。

夕方になれば、子守のじじばば達が結構出てきて世間話に花が咲く。

東京暮らしではなかった、義実家宅ではご近所付き合いが結構あるようだ。

子供の頃の懐かしい雰囲気がここにはある気がする。

でも台湾は共働きの家庭が多いし、路地裏では同年代のママ友は出来そうにはない。

日本語を思いっきり話したくなってきた今日この頃である。
ランキングに参加してます 応援ポチ♪励みになります

双子育児サイト・ブログランキングにほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へFC2ブログランキング
台湾での戸籍の手続きが済み、子供はやっと二重国籍になった。
台湾人でもある子供たちだけど、台湾生まれではないので戸籍に入ってから、
4ヶ月後でなければ健康保険に入れないとのこと、なんとも融通の利かない話だ。

台湾に来て10日、使える台湾の中国語が出てくるようになった。
基本的な、ありがとう、いる、いらない、ごめんね、こんにちは、おやすみ、おじちゃん等等。
今日からは、したいが言える様になった。
レベルにしては一歳児といったところかな。

1号はどうやら耳から覚えるらしく、大きな声を出して音をまねしている。
この大きな音がうるさいのだ、日本人に比べると台湾人の声は大きい。
だから大きな声で真似しているよう。

2号は私が外出中に、叔父さん(夫くんの弟)に、おいしい?と通じたことが嬉しかったらしく、
帰宅後に教えてくれた。

9月からは幼稚園に入ることは決めたけど、9月までの3ヶ月強の間は義実家&自宅で
2人を見るのは限界があるので、託児所のような所に入れることに。
ものすごく、同じ年頃もしくは年上の子供と遊びたがっている。
公園に行っても台湾は両親共働きも多いので、おじいちゃんやおばあちゃんが
面倒を見てる見られる1~2歳の子供しかいなかった。

言葉のことを考えると、遊びの中のやり取りから吸収するほうが早そう。
そう思って、徒歩で通える近場を3ヶ所見学した。
短期間であること、言葉が分からないこと、3歳児2人であることを説明して
さすがサービス業、どこも受け入れ可能ではあるけれど、どこも一長一短。
パーフェクトにOKな所はない。

2号はたぶんどこに入れてもやっていけると思う。
スケジュールがキッチリ決まっているところでも、1日中遊んでてOKなところでも。
言葉が通じなくてストレスを抱えるのはきっと2号。

気になるのは1号、言葉が通じなくてもあまりストレスを抱えない性格。
でも、スケージュールがピチピチだと1号には向かないと思う。
そして管理がきついと拒否反応を起こすだろうなきっと。

自宅から徒歩5分で行けるところに決めた。
同じ年頃の子供と遊べる時間が、楽しい時間になってくれるといいな。

 ランキングに参加してます 応援ポチ♪励みになります

双子育児サイト・ブログランキング にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ FC2ブログランキング



昨日無事に台湾へ戻ってきました。
台湾は日差しも強くて暑く、春気分の2人と私にとっては堪えています。
あぁ5年間のブランクは大きい、台湾に慣れるだろうかちょっと不安。

夫くんの実家に2ヶ月ほど居候です。
いつまでも"外国人"の嫁で通じるわけもないだろうな。
実家に比べたら、あくまでの義実家なので居心地の悪さは多少あるけど、
子供たちが台湾のじじばばに懐くのも早そうだ。
近所に5歳と3歳のいとこ達がいるのだけど、こちらと仲良くなるのは時間がかかりそう。

今日は取り急ぎ、家族全員の手続き関係で忙殺された。
台湾に来てもまた、送った荷物と格闘しなければならず、現実逃避したくなる。

今日気づいたのだけど、暑いと子供も体力消耗がはやい。
夫くんとともに2人は就寝中。
こんな時、お茶とお菓子でもってなるんだけど、何にもない。
ソファーに横になりながら、まったりしたいんだけど、ここは義実家なのよね。

今日の1号
義実家宅のオートバイ乗り回す、暑くて水飲みすぎ。
地下の水のモーターの音に興味津々。
言葉は通じなくても、全然気にならない。

今日の2号
日本のおばあちゃんの家に帰りたがる。
キックボードを乗り回す、水&果物の取りすぎで下痢。
言葉が通じないのにちょっとストレスを感じている様、ママっ子になる。

ランキングに参加してます 応援ポチ♪励みになります

双子育児サイト・ブログランキングにほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へFC2ブログランキング
バタバタすることなく、自宅を引き払い実家に引越しをすませた。
自宅の不用品は、フリマに出したり、処分したり、母が来るたびに実家に運んだりと。
最終日は単身引越しよりも少ない荷物だった。

実家に着いたら、母が来る度に実家に運んだ荷物と引越し当日運んだ荷物で1Fが
膨れ上がっているのを目にした瞬間、めまいがした。
直接台湾に越せばよかったのかと、後悔。

まだ終わりではなく、荷物と格闘しています。
子供の入国上の書類に不備があって夫くんバタバタ。
荷物の整理と買出しと細かい事務手続きをチマチマと日々こなしている私。
昨日は2人を連れて、市役所、金融機関の手続きを一日かかってしてきた。
連れまわしたのでファミレスで遅めのランチ、食後2人ともファミレスで爆睡してしまう。
よっほど疲れたのだろう。

日本を離れる複雑な気分を味わうことなく、今がバタバタし過ぎて気持ちがついてこない。
これから台湾での生活が始まるなんて、まるで他人事に様に感じる。
今日から連休に兄弟が実家に集まるので、子供がイトコ達と遊んでいる間にラストスパート。
なんだか息切れしてきた、時間が出来たら北海道旅行でもなんて言っていたのに。
台湾では6月末まで義実家に都合で同居、送った荷物も整理できないな。

東京の自宅を引き払う数日前に、このお家とはさよならなんだよと2人に伝えた。
1号、お家とバイバイしたくないと30分号泣、2号もつられて泣く。
3歳なりに引越し、何か感じるものがあるんだね。

ランキングに参加してます 応援ポチ♪励みになります

双子育児サイト・ブログランキングにほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へFC2ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。