日本育ちの5歳双子の日常を台湾より綴ってます ローカル幼稚園に通う双子の日々

2008/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312008/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3週間ぐらい前だったと思うけど、同じマンション階下の住人に出会った。
顔を合わせば挨拶する程度、昼過ぎ小学生の娘さんのをお迎えに行った様子。
見たところ2~3年生ぐらいなのに昼過ぎに下校。
不思議に思った私は、こんなに早く下校なの?と伺ってみた。

台湾の小学校低学年のうちは午前中だけで下校だと。
火曜日だけは4時までで、他は半日。
学年が上がるにつれて時間数も増えるという説明をしてくれた。
午前中でげこ~うげこ~うげこ~うと頭の中で響きショック。
幼稚園が4時まであるのに、なんで低学年が午前中なのよ~
階下の奥さん他もいろいろ教えてくれたけど記憶に残らず。

共働きの多い台湾の家庭、下校後の子供達はだれが面倒をみるのか。
1.祖父母や親戚という主に家族関係
2.有料学童保育にあたる、安心班という塾

2の安心班は勉強のフォローアップや宿題も見てくれるらしい。
子供達が小学生になった時に、仕事の有無にかかわらず安心班行きだわ。
すでに子供達が幼稚園から持ち帰る宿題に、母がアップアップしているし、
下校後の友達同士の関係は家庭では築けないと思う。
幼稚園4時までなのに、いまさらいまさらお昼過ぎに戻ってランチなんて考えられない。

台湾の近所の子供を見ていると、子供同士で外で遊んでいる子は少ない。
うちの自宅近くでいえば、気軽に行ける公園は少ないし。
日本の比でないくらいに、子供で体格の良い太めの子が多い。
台湾では体育の授業は軽視されているとも聞く、動くという時間が極端に少ない感じ。

そして義理弟の奥さんから教えてもらった。
子供達が通う予定の小学校、給食がな~い(涙)
台湾の学校事情が分からないので、全校には当てはまらないと思うが。

学校で外注の弁当を頼むか、自宅からお弁当持参、朝持参したお弁当は学校で温められる。
またランチタイムに校門の処へ家族が持参し児童が取りに来ることも出来る。
子供達を幼稚園に迎えに行く時間、小学生(たぶん高学年)の下校時間に当たるが、
多くの子供が子袋に、カタカタ音させていたのは弁当箱なのだと最近気づく。
料理が苦手な私にとって弁当作りは大変だな、ある意味試練。

日本はゆとり教育と聞くが、台湾での教育方針が全く定まらず。
この数週間、頭の中をいろんな考えがグルグルとしていた。
とりあえず決めたこと、週末は親子で体をできる限り動かそうということ。


ランキングに参加中 応援ポチよろしく!双子育児サイト・ブログランキング にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ FC2ブログランキング



スポンサーサイト
P1000468 - コピー
影はながいな~と感心中 記事には全く関係なし

所用で台北に出向く、パスに揺られることだいたいどこへ行くにも20分~40分程度。
台北に出向くときは、なるべく用を数件済ますようにしている。
そんな訳で、ついでの用事を片付けようと思っていたのだけど、
住所を勝手に勘違いして行けずじまい・・・

このまま帰るのはもったいないと映画を見ることに。
アジア海洋映画祭in幕張で、グランプリ受賞の台湾映画“海角七号”。
終戦後日本へ引き揚げる日本人男性教師が、
台湾人女子学生にあてて書いた7通のラブレターを元にした作品。
これってフィクションなのかな?

幼稚園お迎えも何とか間に合いそう、1時過ぎに始まり、3時過ぎまで。
ポップコーン&飲み物片手に映画鑑賞。
こんな贅沢、何年振りだろう・・・映画よりこの有意義な時間に感動。
知らず知らずのうちに映画に引き込まれてしまった。

話は変わるのだけど、旧正月の休みに日本に帰る予定をこの数日考えている。
初めて台湾で過ごす旧正月(大晦日や元旦)は、義両親の手前台湾に居ないとまずいよな、きっと。
在台の皆さんどう思います???
帰る予定は帰る予定だけど、大晦日に台湾にいるとすると、日数が中途半端、かつ高い!

幼稚園の休みは3週間強、ちょっと時間もある。
で、前から行ってみたかった船で移動でもしようかとふと思い浮かんだ。
2人もその頃4歳半移動もずいぶん楽なのではと。
台湾の基隆~石垣や沖縄や大阪や名古屋へ客船が出ている。
いつか子連れでも、台湾⇔日本を船で移動したいと昔から考えていた。
独身時代は隣国へ船で入国、日本国内も船で移動したことがあって、
なんとも言えない旅情感が味わえるのだ。

調べたらこの船会社今年倒産していてかな~りショック。
この路線以外、日本と台湾をつなぐ客船は今のところない。
飛行機よりも時間がかかるし、コスト的にも高くつくから仕方ないのかな。

話を映画に戻すけど、ラブレターを船の上で綴るシーンが何度も登場。
今はこんなに近い台湾だけど、当時は移動手段は船しかなった。
あの主人公も基隆から引き揚げたのかな?
この映画を見て、より一層台湾から船で日本へ戻りたくなった。
それは今となってはかなわぬ夢かもしれない。
そして、やっぱり中国の勉強の必要性も、台湾語の必要性も感じた1日でありました。
ランキングに参加中 応援ポチお願いします

双子育児サイト・ブログランキング にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ FC2ブログランキング




日本から母が来ていました。
母の目的は孫に会うこと。
日本へ帰りたいと頻繁に言っていた1号を心配していたよう。

1人では台湾に来る勇気はなかったようだけど。
母の友人と一緒に数日のツアーで台湾に。
その友人も台湾に駐在している友人を訪ねる形で、台湾へ着いてから別行動。

母が来た日にホテルへ迎えに行き、そのまま我が家にお泊り。
母の意向もあって子供達をビックリさせたいと。
子供達には日本からおばあちゃんが来ることを知らせていません。
幼稚園のお迎えで久しぶりの対面。

2号はおばあちゃんだと気づくのに間があり、
おばあちゃんを見たときに、あれ見たことある顔だな!あぁぁおばあちゃんだ!
うれしそうに甲高い声を上げていました。

1号もおばあちゃんだと認識するまでに時間がかかりました。
1号が発した一言目は、にほんにかえるの???
恥ずかしそうにモジモジとしていました。

日本の母は、久しぶりの感動の対面で2人が駆け寄ってきてギュッとする画を描いていたよう。
ちょっと肩すかしをくらったみたい、4歳だし顔忘れちゃうの仕方ない。

普段の生活を見たいということで、一緒に市場に行ったり、公園で孫を遊んだり、
夜市へ行ったりと短い時間ながらも楽しそうでした。
母が一番驚いたことは、孫の中国語力。
普通に台湾のおばあちゃんと簡単な会話しているのを見て驚愕していた。

以前からの希望で変身写真を撮りに行く。
イブニングドレスとチャイナドレスを2着。
時間がかかると嫌だとか、疲れていたのか最初はやる気ではなかったようだが楽しそう。
母は60代それなりに美しく変身しました。
本人もブログに載せてもいいとのことなので。P1000444 - コピー

写真館で撮った写真の受け取りは1カ月後だけど、ロビーで変身写真撮っていいとのことで、
スタッフがポージングさせてくれて私のデジカメで撮ってくれました。
80代の方も来ているとのことなので、長生きしたらまた撮りたいそう、頑張れ実母!
ランキングに参加中 応援ポチお願いします

双子育児サイト・ブログランキング にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ FC2ブログランキング



ひしのみ(菱角)の季節になりました。
台風の後から日中の日差しも和らいできて、クーラーつけずに寝れるように。

台風の後、野菜以外にも輸入品のフルーツ等まで便乗値上がりしてました。
いつもの買い物は、2F建ての市場。
2階が豚・羊・牛・魚と軽食が取れるところがあり、
1階は野菜・果物・鶏肉・お惣菜・卵・調味料等々。
飲食店が買いつけにくる自治体管轄の市場。
日用品がほぼ無いので買い物したら帰ってくるだけ、楽しみはありません。

昨日はご近所の友人を誘って、日用雑貨盛りだくさんの市民市場へ遠征。
食品以外にも、服や日用雑貨や倒産品を売るところもあって取扱商品は多岐にわたる。
魚類のたたき売りに人だかりが出ていたり、ピーラーの実演販売もあったり。
ピーラーはあまりの切れの良さに感動して、購入してしまった。

市場やフリマみたいに人と物がごちゃごちゃに集まるところが結構好き。
しばらく市場めぐりが続きそうな予感。
面白い市場あったら教えてくださいね~

最近見かけた気になる本 “魅力菜市場”
image.jpg
台北市内の22個所の市場紹介
出版が台北市政府觀光傳播局 ということで気になってます。

市場好きにはたまらない、台北市市場處のサイトも参考になるかも。
ランキングに参加中 応援ポチお願いします

双子育児サイト・ブログランキング にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ FC2ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。