日本育ちの5歳双子の日常を台湾より綴ってます ローカル幼稚園に通う双子の日々

2009/02123456789101112131415161718192021222324252627282930312009/04

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近始めたこと、それは台湾語。
台湾語より中国語を何とかしなきゃいけないのだけど。
台湾に住んでいながら、台湾語との接点がほぼ無い私。
市場でおばちゃんに話しかけられるのと、夫くんと義母との会話を傍で聞いているぐらいで。
外国から嫁いできた嫁なら何度ももどかしい思いをしている人も多いはず。

台湾語、発音の表記方法もあるにはあるが、浸透していない。
よって台湾人はしゃべれるが、言葉の正確な発音を表記できない。
分からない発音があっても、夫くんはあてにならず・・・
鼻を使う鼻音が多いし、声調も中国語より多いので難しい。

台湾で生きていくには、やっぱり台湾語は必要。
私が住んでいるところは、台北市内ではないので尚更。
数週間の期間限定だけど、週3日3時間あるので結構ハード。

台湾語が聞いてわかるようになったら、もっと台湾を深く知れるようになるはず、それを期待して。
台湾語が分からず、息苦しい思いをしていた結婚当初が懐かしい。

ランキングに参加中 応援ポチよろしく!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
スポンサーサイト
~続き

●日本語
日本語ひらがな導入から5か月経った。
ゆっくりではあるが毎日続けている日本語への取り組み。
まだまだ2人の母語は日本語で、日本語が強い。
最近は中国語におされて時間が取りにくいのが悩み。
朝30分早く起きて、日本語の時間を確保する。

絵本はリビング、おもちゃは子供部屋の置いている我が家。
2人とも引っ張り出しては、読み散らかしている。
絵本の読み聞かせは絵本講座への参加をきっかけに、なるべく毎日やってきた。
最近はたどたどしいながらも随分と読めるようになった。

1号は絵本が大好きで、朝1人で早く起きると電気もつけずにソファーで見ていることが多い。
2号も1号の影響を受けているので、その内にもっと興味を持つようになるかな。
1歳2歳の頃の1号にとって、絵本はかじるもの破くものだったのに。

たまに遊ぶ台湾の日本人のお友達や、日本のおばあちゃんとの電話、スカイプで話すことが
いい刺激になっている。
本人たちはカタカタを勉強したいらしい。
カタカナ読めると本もずっと読めるようになるし。

たぶん今は、台湾&日本の同じ年齢の子供よりは両言語とも劣っている。
どちらつかずで、バイリンガルではなく中途半端なセミリンガル状態。
今の母語(日本語)を伸ばしたら、第二言語(中国語)もよく伸びるらしいので、
日本語も細々とやっていかなくちゃ。
たしかに、日本語でよく知っている言葉や概念は、中国語でもすぐ覚える。
日本語であまり使わない言葉や知らない言葉や概念は、定着するまで時間がかかる

母が掲げた目標は、この年中さんの間に台湾絵本の拾い読みが出来るようにすること。
そして、子供達が中国語日本語でも何でもいいから自信を持てるようにすること。
4歳半の2人の様子とと母の意気込みです。

ランキングに参加中 応援ポチよろしく!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

台湾の旧正月が過ぎ、子供達の幼稚園も始まって日常に戻った。
ブログの更新も久しぶりだわ。
暖かかったり、肌寒かったりして子供も風邪をひいてしまう。

4歳半の最近の様子。
幼稚園の年中さん、台湾へ来てもうすぐ10ヶ月。

●台湾の中国語(北京語)
ゼロから始めた中国語は、自分の気持ちをしっかり伝えられる程に伸びた。
細かいニュアンスや、絵本の読み聞かせの理解度は低い。

日本語に引きづられていた文法も、ずいぶんと正しい中国語が話せるようになってきたらしい。
義母によると1号はほぼ台湾人、2号はもう少しのようだ。
2人とも性格が外向的、言葉の習得にもプラスに作用。
既に母の語学力を抜いたのは確かで、時々発音を直される。

幼稚園2学期から、日本語<中国語重視へシフトチェンジ。
今まで起きられずに間に合わなかった、園での朝の読み聞かせに毎日参加。
夫くんも子供達に添うように、絵本の読み聞かせや宿題などを積極的にやる。
父子の会話は、日本語から中国語へとかわりつつある。

家では日本語がルールから、パパとは中国語、ママとは日本語、兄弟間でも日本語だが、
2人の会話がチャンポンになりつつあり、兄弟間でも日本語は崩したくないルールのひとつ。
幼稚園では発音表記ボポモフォの書き練習が始まった。

日本語はもちろん大事だし、子供達の母語であることは変わりはない。
のびのびと子供を育てたいと思う反面、小学校入学まで1年半、
それまでに入学時に必要な国語力が、身に付くのかどうかがとても不安。
今のところ選択肢は台湾のローカル校しかない。
この先は台湾で日本語を話す台湾人として育っていくはず。

とにかく語彙力を増やすことを目標に、私自身も教育ママにシフトチェンジしつつあり。
今の時期は、言葉よりもっと大事なことがあるとは思うが。
概念は分かっているのに、言葉が分からない為に小学校で落ちこぼれにさせたくない。
入学時に普通のスタートラインに立てるようにしたい。

金曜日に続きます・・・
ランキングに参加中 応援ポチよろしく!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。