日本育ちの5歳双子の日常を台湾より綴ってます ローカル幼稚園に通う双子の日々

2009/031234567891011121314151617181920212223242526272829302009/05

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりの更新です。
思うところがあって、未更新のままブログをやめてしまおうか考えていました。
日本にいる家族親戚や友人に、近況を報告する意味も兼ねてやっぱり続けます。
コメントいただいた皆さん、ほったらかしで本当にすみません。
mixiとブログをリンクさせていましたが、そちらは止めたのであしからず。
リンクさせてもらっているブログには時々遊びに行かせてもらってますが、読み逃げしておりごめんなさい。

さて、3月だけのつもりが、5月まで台湾語教室に通うことにしました。
午後三時間週三回の授業があり、自宅で仕事をしている夫くんの為にランチを作って、
子供の夕食の準備をして出かけ、自宅に戻るのが5時過ぎ、
子供達が寝付くまでは、時間との闘いです。

4月は子供の風邪がうつり3週間ぐらい不調が続いています。
それに4月からは料理教室も通い始めたので、週4回午後は外出し体力消耗してます。

宿題、日本語と中国語の勉強、食事、お風呂等々で子供が寝るまで戦争。
日本の働くママは本当に大変だと、姉や友人の苦労をちょっとだけ知れました。

絵本の読み聞かせをしないと子供達寝てくれないのだけど、
呼んでいる間に私が先に寝てしまったりと。
子供を産んで以来、定期的に外出したことも無かったし、
台湾在住とは言え、在台歴も短く、義両親とは同居でもないので、
慣れない言語を耳にするのは結構大変で、意外にどっと疲れています。

自宅は荒れ放題、義理父に子供のお迎をしてもらい
時に義実家で食事をさせて貰って、夫くんの渋々了承を得て行ってます。
簡単な単語は聞き取れるようになったかも、だけど買い物以外実践の場がない。

勉強してよかったとは思うのは、結婚当初はの台湾語アレルギーになっていた
そのアレルギーが解消されたこと。
台湾語になると、耳をふさいでいた状態が、耳を傾けられるようになったこと。

そして子供達は日本と台湾の二重国籍ではあるけれど、台湾で育っていくので
アイディンティーを育てるためにも、子供達は台湾語を話せるようになってほしいと
願わずにはいられません。
でもたぶん台湾語は、子供達は、ほとんど話せるようにはならないでしょう。
発音を普通の台湾人は表記できないし、それが出来ない言語は廃れていく気がします。
言葉は素晴らしいのに、次の世代に繋げないのは、本当に残念だし勿体ない。
台湾語に対するイメージが変わったのが、勉強しはじめて良かったことかもしれません。

ランキングに参加中 応援ポチよろしく!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。