日本育ちの5歳双子の日常を台湾より綴ってます ローカル幼稚園に通う双子の日々

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は保育園の遊ぼう会に参加。
集団行動の苦手な1号、最初は嫌々だったのに。
先生のお話や歌の時間のあいだ、おりこうさんに座って聞くことができました。
1歳ぐらいの子がうろちょろしていると、スワッテキクンダヨ~なんて説明していた。
お話を聞く姿勢=座るって、やっとやっとインプットされたみたいです。
こう考えると、今お休みしているプレスクールのお陰なのかな。

遊ぼう会の後、近くの公園へ。
広いのに、あまり人出もなく我が物顔で楽しんでいた2人。


この公園で1号 かなりの長い間グルグルしてました。三半器官が強いのか。

台湾や実家へ行ったり、体調を崩していたりで、公園遊びは日曜が久しぶりでした。
土日の公園は小学生の子供が多いから、何でも真似したがりの2人にはちょっと危ないと敬遠していたんだけど。
大きいお兄ちゃんお姉ちゃんの真似をしたがって、ハラハラドキドキで母は疲労困憊。
あまりにも危険で遊ばせていなかった遊具を軽々とこなし、またまた成長しているのね。
↓足を踏み外したら確実に怪我しそうな遊具↓


3日連続で公園遊びをしているのは、帰るときには帰るのだ!を1号に理解してもらうため。
帰りたくても帰れない、帰るのにものすごく時間がかかる公園遊びが私は嫌い。

帰宅するのに今までいろいろ試行錯誤して来たけれど、1号には通用しない。
帰るよ、帰るよ、帰るのじゃ~で通じず、あまりにも頭にきて、2号を連れて帰ったふりをして、
物陰から1号を観察していても母と2号が居なくなった事実さえも気づかない1号。
泣き叫ぶ1号を小脇に抱えたり、無理やり自転車に乗せて帰ったことも数知れず。

公園遊びの前は、帰るといったら帰る約束をさせてるけど、今のところ約束を守ってくれるのは2号だけ。
この約束から、約束を守る大切さを学んでいってほしいなぁと高望みしています。ランキングに参加してます 応援ポチ♪励みになります

双子育児サイト・ブログランキング⇒双子育児サイト・ブログランキング
にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上へ⇒にほんブログ村 子育てブログ 双子・三つ子以上
FC2ブログランキング⇒FC2ブログランキング




コメント
この記事へのコメント
>らる子さま
1号の後姿を見て泣きそうでしたが、次回のこの手の催しではどうなるか…子供の成長に一喜一憂しております。

幼稚園では良い子にしているならいいじゃないですか!ママが一緒だと甘えたいのかな。子供って集団生活に入るときっと変わるんでしょうね。


2007/10/28(日) 01:26 | URL | futakobumama #-[ 編集]
>reachiaさま
お褒め頂きありがとうございます。
こうやって、客観的に見ると親ばかで可愛いですのですが。
可愛いなと感じてる余裕もなく、きっとあっという間に反抗期を迎えそうです。

携帯のアラームが鳴ったら帰る時間にしています。時計はまだ分かりませんので。
2007/10/28(日) 01:15 | URL | futakobumama #-[ 編集]
一号君、成長したようですね。座ってお歌を歌ったり、おはなしを聞いてくれるなんて、うらやましい!

うちの子達は週に一度、図書館のおはなし会に参加しているんですが(親も同伴)、いまだに座ろうとしませんよ~。他の子達はおとなしく座ってるのに・・・。 幼稚園では『良い子』にしてるらしいんですけどねェ。困った、困った!
2007/10/27(土) 10:42 | URL | らる子 #-[ 編集]
か、かわいい・・・・

ぐるぐる回ってるだけでも
こんなに可愛らしいなんて^^

ぐずるお子さんを連れて帰るのは本当に大変なんですね。
ほかのママからも聞いたことがあります。
子供は目先の事に集中するから余計に帰りたくないんでしょうね。

時計を持たせるとかどうでしょう?^^夢中になって時計があることも忘れてしまうかな?
2007/10/24(水) 12:56 | URL | reachia #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taiwantwins.blog78.fc2.com/tb.php/117-f0a13f7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。