日本育ちの5歳双子の日常を台湾より綴ってます ローカル幼稚園に通う双子の日々

2017/081234567891011121314151617181920212223242526272829302017/10

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夫くんが台湾にいて、朝余裕のある時は、子供の送りを担当。
連絡帳からのメッセージや先日担任の先生から言われたこと。
夫くんに伝えたので、何度も会っているのに中国語力不足の私には言えないのか…

1号 言葉の面では進歩がみられる。
   集中力や落ち着きがなく、環境に左右される。
   時と場所を考えず教室を走り回っている。
    
これだけ聞いていると、学習障害を思い浮かべてしまいます。
言葉もよく分かっていない状態で仕方がないだろうと推測はできるのだけど、
団体生活だし、どうやって1号に諭そうかな。

2号 最近以前に比べて、集中力が欠けてきた。
   1号に比べると進歩が遅い。

幼稚園入園時の調査票でお願いしたことは、2人を比べないでほしいと。
それぞれに長所や短所があるし、双子だからといっても同時に生まれてきただけ。
義母は弟の子供達も比べることも多いな、そう言えば。

夫くん、先生に宿題を出すなと言ったそうな。
宿題をもっと出せと言った親はいると思うけど、台湾人で宿題を出すなと言う人は少ないのでは?
だんだん日本人化してきてるか?そう言えば今朝もチャンチャンコしっかり着ていたし。
母的には、短時間でも机に向かう習慣がついてOKなんだけど。

それにしても子供の通う幼稚園の先生は、はっきりおっしゃります。
客観的に見て下さるからもっともなのだろうけど、凹みますよ親は。

今は運動がテーマで色々やっているよう。
今日は遠くに飛ぶジャンプのコンテストをやったらしい。
お迎えに行くと、1号はおもちゃをもらったと嬉しそうに教えてくれた。
2号は貰えなくて欲しかったと、母の顔を見るなり我慢していた涙がこぼれた。
1号はそのコンテストで遠くに飛べておもちゃゲットしたそうだ。
2号は遠くに飛べなかったらしくゲットならず。

理由が分からず先生に聞いてみたら、上位数人の子だけもらえるそうな。
近いうちにまたコンテストをやって平等に配るのでは推測しているのだけど。
先生の説明もちゃんと理解はしてない状態で、1号だけ貰えてどうして2号にはないわけ?的に泣いたのかな。
子供が納得しているなら50%50%の比率でなくても、それはそれで母的には公平なわけで。
お兄ちゃんだからとか、妹だからとか理由で納得するようには育ててきていないし。
幼稚園でも競争社会か、台湾厳しいな、おもちゃがかかっているんじゃ、もらえない子供は傷つくだろう。
久しぶりに聞いた、2号の幼稚園行きたくな~いって言葉。

ママおもちゃ買ってと泣いていたけど、今度はおもちゃもらえるように頑張ろうと一緒に練習。
上手く飛べるようになって、笑顔がこぼれた。
ちょっとの事でも自信に繋がれるんだね、今度はおもちゃゲットなりますように。
2号にとっては悔しい経験だと思うけど、こういうのもたまにはいいかも。
自宅で床に伏せて泣く2号を見て、せっかくもらったヘリコプターのおもちゃを2号に差し出す1号。
心が温かくなり、泣きそうになった。

ランキングに参加中 応援ポチよろしく!
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ にほんブログ村 子育てブログ バイリンガル育児へ にほんブログ村 海外生活ブログ 台湾情報へ
コメント
この記事へのコメント
>lovetaiwansさん
う~ん、私もよく分からなくなってしまった。
日本みたいに横一列に並んで、とび出たら叩かれるよりは増しなのかもしれないけど。
子供はおもちゃが欲しくて頑張るのは、ものすごく本末転倒な気がしてます。
2008/12/17(水) 23:19 | URL | おみつ #-[ 編集]
二人とも頑張れ!
そう言えば台湾人って良い意味で負けず嫌い、そして目標のためにコツコツ勉強を続ける人が多いですよね。
それはこういう競争教育からうまれたものなのかな。確かに悔しさやうらやましさを感じることは、子供の原動力になるんだろうけど、モノでつる感覚についていけないよ~。日本の学校みたいに、みんなでよく頑張ったということばかり評価するよりはましなのかなあ。よく分からなくなります。
2008/12/15(月) 00:46 | URL | lovetaiwans #3un.pJ2M[ 編集]
>あむいさん
シールは全然OKだと思います。
直貼りは忘れて洗濯しちゃった時のことを思うとチョイ怖いですが。
2008/12/10(水) 23:48 | URL | おみつ #-[ 編集]
>reachiaさん
その後、違うコンテストで2号もしっかりおもちゃをもらって来ました。たぶん子供達全員に賞状が配られたはず。
私もおもちゃで評価ってやっぱり感覚的にズレテル気がします。
なんとか比賽って台湾多い気がしませんか?
2008/12/10(水) 23:46 | URL | おみつ #-[ 編集]
子供達の幼稚園では、手を上げて正しく答えられるとシールを貼ってくれました(制服に直貼り)。多い時で3枚、1枚もないことも。
今(年中)はどうなんだろう?
2008/12/10(水) 10:25 | URL | あむい #-[ 編集]
幼稚園から競争・・・
まあ、日本のように腫れ物に触るような教育環境の中で平和すぎに育つよりは後々ためになるかもしれないけど、
景品はおもちゃなんかより賞状とか
トロフィーの方が健全だと思う私はまだまだ台湾社会に慣れてないのか^^;

でも子供の兄弟愛っていいですね。
勝負の勝ち負けの裏にも、こういう優しさが生まれるとそれもOKかな。
2008/12/08(月) 23:01 | URL | reachia #-[ 編集]
>あんの218さん
上位数名だけおもちゃがあるっていうの微妙ですよね…。
結果が大事で、過程はどうでもいいんかい!って思えて仕方がない。

その後のダンスコンテストで、2号もしっかり戴いて帰って来ました。

台湾の競争社会に我が子を身を置くのかと思うと考えちゃいます。

2008/12/08(月) 10:59 | URL | おみつ #-[ 編集]
>りゃんりゃんさん
そうなのよ~結構それなりしているみたい。
場所によっては年少さんから公立でもあるみたいで、年少でボポモフォやってるみたいだし。
我が子も先週からボフォモフォの書きの練習始まっちゃったし。

厳しいなりにも優しさが見えるので、今のところOKです。
おもちゃや配られるっていうのは???なのだけど。
2008/12/08(月) 10:56 | URL | おみつ #-[ 編集]
え~!!
2号ちゃんの涙が目に浮かびます。ジャンプコンテスト?で、字上位のちびっこはおもちゃありなんですか?そういうの教育の方向的にいいのかしら??いろいろ考えちゃいますね。それにしても恐ろしい競争社会の台湾・・・おみつさんの2号ちゃんへの対応に感動!!私もそういう親になりたいです。
2008/12/04(木) 22:41 | URL | あんの218 #-[ 編集]
へえー。公立の幼稚園はもっとゆるゆる教育かと思ってたけど、宿題も
裕太が行っている幼稚園より多そうだね。ジャンプコンテストなんて、
すごいなー。厳しいと心配になってくるけど、それを乗り越えていくわが子をみるのも感慨深いね。
1号くんのやさしさ、感動するね!
2008/12/04(木) 09:40 | URL | りゃんりゃん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taiwantwins.blog78.fc2.com/tb.php/195-c3782ae1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。