日本育ちの5歳双子の日常を台湾より綴ってます ローカル幼稚園に通う双子の日々

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供を授かるまで、双子の親になるなんて夢にも思わなかった。

ベビーカーに乗らなくなってから、外で双子?と声かけられなくなって随分と経つ。
お揃いの服を着せる機会も最近はほとんど無いし、着せたところで体格差があるので双子に見えない。
体重差も2kgあるし、当然二卵性なのであまり似ていず。
今日体重量ったら1号15.2kg 2号13.3kgだった。

今日から実家に来ていて、実家には2人のアルバムがあるので、久しぶりに赤ちゃん時代の写真を見た。
こんなに大きく丈夫に成長して、子供達に感謝です。
2歳から3歳までは赤ちゃんから子供へ変化した一年だったかも。

日本では男女の双子は昔は特に畜生腹と言って忌み嫌われていたそう、前世に心中した者の生まれて変わりだと言われていて。

でも、台湾も含む中華圏では男女の双子のことを【龍鳳胎】(ロン・フォン・タイ)と言って、とても縁起がいいそうだ。
龍は皇帝、鳳凰は皇后の象徴だという。
初めて2人を連れて台湾へ帰った時に、【龍鳳胎】という言葉を聞いた。
義父が周りにおめでとうと言われていたので、めでたい事らしい。

場所によって捉え方が全然違うのだ、面白い。

それはさて置き、2人がどんな兄弟関係になっていくのか楽しみ。ランキングに参加してます 応援ポチ♪励みになります

双子育児サイト・ログランキング⇒双子のランキング
FC2ブログランキング⇒FC2ブログ成長記録ランキング




コメント
この記事へのコメント
>ルゥさま
昔の日本はそのような言い伝えがあったようです。
ところ変われば、違うんですよね。

台湾に戻っても日本語でお互いに会話が成立している状態が続けば嬉しいなぁと思っていますが、こればっかりは分かりません。
2007/07/26(木) 16:53 | URL | futakobumama #-[ 編集]
え~!日本ではそんな怖い言い方をするんですかv-12
台湾だったらとっても喜ばれるのにv-238
国によって違うんですね。
二人は大きくなって何語で会話するんでしょう!?

2007/07/24(火) 16:42 | URL | ルゥ #F3OnhyVM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://taiwantwins.blog78.fc2.com/tb.php/96-5c86557d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。